Niagara wine talk

Niagara wine talkということで、Dayton Davisさんという方とTwitterでチャット形式でインタビューがありました。

残念ながら私は持病のためアルコールが一切摂取できませんので、
アイスワインも買ってません。
本当は応援したいんですが…ごめんねパトリック涙。

しかし、オフの間もワイン関連のイベントが結構あったりしてかなり力を入れてることがわかります。
がんばってください。

TwitterChatは結構短かったので適当に訳しました。適当です。

Q1 ワインに関わってみてどんなインスピレーションが得られた?

他の人と一緒にやってみることで自分のブランドが広がっていくような素敵な気分だったよ。

Q2 ワインとフィギュアスケートで何か似ているところはある?

どっちにも専念したよ。どっちも最高の質を保証しなきゃいけない、そのためのアプローチが似てる。

Q3 winemakerbootsとの関係を教えて。

量より質、が目標だった。僕たちは最初から同じヴィジョンを描いてたよ。

Q4 Patrick Chan On Ice について、フィギュアスケートにつながる特徴は何かある?

the ice!全然別だけど。

Q5 何故パトリックのブランドにアイスワインを選んだかもっと詳しく教えて。

フィギュアスケートに一番強いつながりがあると思ったんだ。

Q6 どうやってラベルを選んだの?ボトルのデザインで何かインスパイアされたものはある?

スケートに微妙に関連付けたかったんだけどスケートメインにはしたくなかったんだ。このラベルは大好きだよ!

Q7 将来もっと別のワインを出す計画はある?

未定だよ。アイスワインには一年かけてる。winemakerbootsと決めるよ。

Q8 Patrick Chan On Ice を選ぶ一番の理由は?

おいしいよ!家族や友達と楽しむのにぴったりになるように作ったんだ。絶対がっかりさせないよ。

Q9 ナイアガラでお気に入りのところは?何をしたい?

アウトドアだよ。ワイナリーに行ったりお祭りにいったり滝に行ったりたくさんあるよ。

Q10 6/18の予定とどこでパトリックに会えるか教えて

M&Gがあるよ。午後1-2時にスケートとワインについて話す予定。

ありがとう!


大体こんな感じです。
しかし、ワインとスケートの共通点はice!って。
いやそうなんだけどそうじゃないっていうか(笑)。
かわいいなあ。かわいいよパトリック。

しかしずいぶん忙しくされてますがこのあとバンクーバーにお引っ越しってこと??
振り付けは?練習は?
なんだか大変そう。がんばって!


そしてJOとCOIの先行どうするか悩んでます。
パトリック、出るよね?出るんだよね?
そのつもりで申し込んでいいんだろうか…
スポンサーサイト

ルール改正

色々話が流れてきています。

ジャッジ匿名制廃止。は決まったようですね。
選手の方々にとっては、疑問点不明点などを直接説明を求めることができるのでよいのだと思います。

ただ私はちょっと懸念があって。

私は正直言ってプロトコルはパトリックのしか見ませんし(スミマセン)、
一応旧採点時代から見ていますので自国選手上げも多少は仕方ないと思ってますし、
上下カットで異常な点は排除できますし、
インフレなども同じ大会内で整合がとれていれば構わないと思っています。

しかし、色々ジャッジに不満を持つ方もいらっしゃるじゃないですか。
過剰にジャッジを名指しで糾弾したり批判したりそういう人が出てくること、
そういう人の意見が拡散すること、
それが何らかの運動に結集してしまうことなどをおそれています。

気にしすぎかもしれませんが、
私はパトリックファンなので嫌な思い出があります。
本当にあることないこと言われましたしここに書くのも嫌な造語なんかもあります。
2013ワールドのときのことは特にあまり思い出したくありません。
あのときのようなことがあったら、
自分にとって納得のいかない点を出したジャッジを心ない人が名指しで批判できるようになるわけですよね。
今はSNSがあるのですごい勢いで拡散することもできるわけですよね。
心配です。
ジャッジに不満を持つなとは言いません。
ただ、過剰な批判や陰謀論は嫌です。

他のルール改正もちらほら漏れてきてますが、確定してから、パトリックに関係ありそうだったら何か書きます。


さて。
私、昨日初めて2012カナダナショナルのEX動画見たんですよ。「Mannish Boy」。

https://www.youtube.com/watch?v=-8DTsrO1UoM

いやー悲鳴あげました(笑)。
何あれ。かわいすぎて鼻血出るわ。
トラブルでなかなか曲がかからないんですけど、
パトリックの仕草がもう!かわいくて!
カナダのお客さんはあれを生で見たわけですよね?
生で見たら私死んでるわ。羨ましすぎる。
もしも願いがひとつ叶うなら今すぐカナダ人になりたい。
あ、今すぐじゃない、10年くらいさかのぼってカナダ人になってカナダナショナル全部見たい。
ただの白いシャツもいいなぁ。ただの白いシャツなのに。
自信満々の目つきとかもたまらない。
ああ、今月はMannish Boyで何とか生きていこう。
(馬鹿。病気。死んでも治らない。すみません。。。)

「駆ける魂」下

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03062540R00C16A6US0000/?n_cid=SPTMG003http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03062540R00C16A6US0000/?n_cid=SPTMG003

読みました。

キャシーの話ですね。
私は昔のことには詳しくなく、特に世界選手権三連覇当時は多忙やら病やらが重なっていたため競技以外のことはよく知りません。
何故クラールコーチがパトリックのもとを去ることになったのかも全く知りませんでした。
さらにそれ以前のこと、パトリックがころころコーチを変えていた、というのもあんまりぴんと来ません。
(ローリーのことも何か事情があるのか?ないのか?わからない。。。)
そもそもコルソンコーチが亡くなられた、というのが一番大きいですよね。


しかしとにかくキャシーと気が合う、ということはわかりました^^
ジャンプコーチをつけろ、と言う人が結構いることはわかってましたが、
私でもわかるくらいなのだから当然パトリックご本人だってわかってるでしょう。
キャシーになってからもワールド金とってますし五輪は銀ですし
PB出してるのもキャシーのときですし
(つまり実績は悪くない)
3A以外のジャンプと決まったときの3A(笑)は教科書に載るような美しさですし
結局のところメンタル面が一番重要だと思うので、
それほどご本人が信頼してるのならキャシーコーチで構わないと思います。
もちろん、ご本人がやっぱりジャンプコーチつける!と言い出しても
ご本人が安心して競技に挑めるのならそれでいいのです。

なんか、記事の頭「上」の始まりがパトリックが4回転ジャンプを快く思っていないような科白だったので、
違和感があったのですが、
やっぱりパトリックもキャシーも今のフィギュアの流れはおかしいので我が道を行きます!というんじゃないんですよね。
勝つためにどうすべきかも理想としている演技もちゃんと計画的に考えてますよね。
安心しました。


いまさらですが、クワドラプルも読みました。
立ち読みですけど。主婦の小遣いじゃ買えないんだよ。。。どうせパトリックと他数ページしか読まないし。
小塚くんのこと、「友達だから」とすんなり言えるパトリック、すてき。


さて、動きが少なくなってきて大変寂しいです。
来季の振り付けしてるかなぁ。
ザアイスまでしばらく新しい姿は見られないかしら。
SNSはワインの宣伝以外は月一ペースでしか更新しないし^^;



「駆ける魂」中

面白かった!


http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03001370R30C16A5US0000/?n_cid=SPTMG003

お母様のお話が中心でした。
パトリックのお母様に御礼を言いに行きたい気持ちです。
幼い頃に表現に目が向かないことは当然だと思いますが、
そこの才能を見抜いて表現力を磨く方向に導いてくださるとは……!!
パトリックは演技をするのではなく滑りそのもので表現することのできる稀有なスケーターに成長しましたね。
ありがとうございます。

私はカナダの事情に詳しくないのですが、
カナディアンでも英仏両方話せるのは当たり前のことではなくきちんと勉強されたからなのですね。
パトリック、えらかったんだな。。。(全然勉強してない私)

自立のお話も興味深かったです。
バンクーバーの五輪村で何もできない自分に気付いたそうで。
もう25歳ですもんね。よかったよかった。

しかし、お母様も素敵ですが、
お母様に素直に感謝することのできるパトリックも素敵です。
日本人ってそのへん変に恥ずかしがったりしますから。

さて、これは次も楽しみだ。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる