TSNの記事

カナダスケ連の合宿始まりましたね。
この時期は急に情報過多になってついていけなくなります(汗)


TSNの記事がでました。
CBCもありますが内容は同じです。
後半にパトリックのコメントがあります。
youtubeにもインタビューがあります。
が,カリフォルニアで休暇を過ごしたことと自分のペースでいい練習ができたことしか聞き取れませんでした(オイ)。
相変わらず酷い私のリスニング力・・・すみません。



(以下,TSNの記事訳)

チャンはフリーの曲に「ハレルヤ」を選んだ。

「カナダ人が作った曲であるということは,オリンピックにともに臨むにはとても素敵なことです。カナダ人であること,世界で一番大きな舞台で国を代表することを誇りに思います」

ショートは「Dust in the Wind」で滑る。この曲のメッセージに関係しているそうだ。

「私たちは皆単なる肉と骨です。人生でどのような成功をしても,破滅や恐ろしいことが起きても,私たちは円のように一周して戻ってくるだけです(※意訳)」

「大きな世界では私たちはいかに小さいかを感じます。それが私の今年のモットーです」

「今年はやりたいようにやります。結果についてはあまり考えていません。結果に重点を置かないよう本当に一生懸命訓練しています。ただ自分の幸福とメンタルヘルスのためです。前の二回のオリンピックでは本当に楽しんではいなかったのだとわかりました。みんなのために金をとろう,みんなを打ち負かそうという考えにとらわれていたのです。三回目のオリンピックに向けて,経験から学んでかしこくなりました」


(訳おわり)


パトリック,なんか悟りを開いている。。。
dustinthewindの歌詞にとても共感しているようです。
なんか仏教的な考え方ですよね。
full circle とおっしゃってるんですけど,どういうイメージなんだろう。
英語の直訳的には一周して元の場所に戻ってくるみたいなことなんですがパトリックには何かイメージしてるものがあるのかな。
メンタルトレーニングがうまくいっているのか,すごく落ち着いてますよね。
こういう状態で滑ってるからあの美しさなのかな,なんて思ったり。



書こうかどうか迷ったんですが
平昌後にルール改正があるらしいじゃないですか。
クワドの点数を下げてGOEの幅を広げるみたいなの。
もう,本当にいろいろ思うところはあって,
私はパトリック至上主義ですから,正直に言ってこれだけしか差がつかないのかって思うときもあります。
GOEはもちろんSS・・・だってスケートだよ?って思うときもあります。
平昌後はもうパトリックはいないのに。

でも,あんまり嫌な気持ちでスケート見るのも嫌ですし,
パトリックが自分の幸せのために滑るのなら
私も雑念を追い払って自分の幸せのために見ようと思います。

毎晩SPもLPも見てるよー!
どっちも素晴らしい振付で大好きだ!
パトリックがんばれ!




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる