「駆ける魂」

日経新聞の「駆ける魂」という連載でパトリックがとりあげられていました。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02947520Q6A530C1US0000/

会員限定ですが、登録したよ、もう、パトリックのためだから!

まだ前半だけですが、わりと辛辣な記事でした。
私は綺麗事を言っても仕方がないというか、現実を見つめないといけないと思っているので、
まあこんなものだろうと思って読みました。
どちらかというとソチ五輪の話の方がつらかったです。
私はいまだにソチの演技は見られないくらい引きずっていますので。
しかしいくらなんでも冒頭の「スラムダンク大会じゃないか!」はちょっと煽りすぎだと思います笑。
パトリックはそんなふうには言ってないかと。。。

もう少し掘り下げていうと、いつかキャシーが何かのインタビューで指摘していたんですが、
正確にはスケカナ以前はこんなに男子の技術レベルが上がっていなかったんですよ。
羽生選手やハビエル選手のジャンプ構成もソチからそこまで進化していなかったわけではなかったんですよ。
ボーヤン選手は別でしたし、ジュニアの選手にもたくさん跳ぶ選手はいましたけど。
スケカナでフリー4回転1つでパトリックが優勝してから、羽生選手が構成を変えて、結果SPLP合わせて4回転5つじゃないと世界の頂点には立てません、みたいになったんですよね。
なんだか展開があまりにもはやくて、復帰したばかりのパトリックには酷だったと思います。
スイッチを入れたのはパトリックなんですけど。。。^^;

でも、パトリックは4CCであれほど素晴らしい演技ができました。
それがパトリックの自信に繋がっているようなので、安心しました。
あれを見てると4回転とか、どうでもよくなってきます、正直。
勝つためには必要なんですが、4回転の回数とか基礎点とか考えるのがばかばかしくなってきます。

しかし相変わらず素直に喋る人だなぁと思いました。
パトリックのインタビューは面白いです。後半も楽しみです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる