また訳してみました

IFSの、先日のものよりもかなり詳しい記事です。
間違いはご容赦ください。



<バンクーバーへの移籍について>
みんなやることがたくさんあったから12月に延期して、それがベストなタイミングになるはずだったんだけど、今のキャシーとの状況では後回しだよ。今は1つのことに集中する必要があるからコーチのことと競技のこと両方は考えていられない。
キャシーが計画の一部だったんだから、考えていた移籍は完全に保留。全部変更しなくちゃいけない。
いつかはリンクやスケートスクールについて考えているけど、まだ完全に計画段階。

<将来の計画>
氷上で一人練習していると自分に全部帰ってくる。最終的にはキャシー、クリスティ、ドン、コルソン先生、デイビッド、全ての人々からもらったツールを全部使うことができるようになっている。
誰もが魔法の解決法を持っているわけじゃないから、全ての人々の一番よいところをあちこちから少しずつ取って組み合わせている。
スケートスクールのために学んでいるような気持ちだ。新人スケーターと共有したいこと、最も効果的で役に立つことをはっきりさせるために。

<キャシーと別れて>
ノーコメント。公式な声明は来週出るよ。僕自身は良好だ。一人でリフレッシュしているし本当にスケートを楽しんでいる。今までこんな機会はなかったよ。
クアドも楽しいしプログラムをこなすことも楽しい。自分のペースでやれるのはすばらしいよ。

<新しいチーム>
連盟が支えてくれて本当に感謝している。連盟のマイクと話し合っていて、自分としてはまだ何も決めていない。
今優先すべきはプログラムを発表して人々の反応をみることだ。フィンランディア杯が最優先。
コーチと長い間取り組んできたから、一人でいい環境で滑るのも素敵だよ。

<ヘッドコーチは持たないつもり?>
いや。今は一人でやるのが新鮮なだけ。たくさんの情報を整理していて、何がうまくいって何がうまくいかないか判断する時間がないんだ。

<今季は誰を大会に帯同するの?>
まだ決めていない。もちろん考えている人はいるけど、100パーセントこの人だ、という人はいない。
今は望んでいないからいないし、100パーセント確実と考えている人はいない。

もう25歳だからオンアイスでもオフアイスでも自分の面倒はみられるよ。一人で休んで一人でリンクに行くのもいいものだよ。

<カントンでは誰と一緒?>
誰とも。ズエワはもちろん状況をわかってるよ、彼女のリンクだから。彼女はとても助けてくれる。誰かとやりたかったら彼女に知らせればブッキングしてくれる。

今は実験的だよ。カントンかどうかではなくみんなとやってみている。カナダかアメリカの誰かで、連盟と考えて決める。

自分で練習するのには自信があるんだ。氷上へ踏み出すたびにやろうとすることがわかる。計画があるんだ。
「OK、今日はジャンプをしてからSPをしよう。次はLP」
キャシーといたときにもそうしてたから、そんなにチャレンジングなことじゃない。
キャシーは僕が何のプログラムをやっているか書きとめる役目のようなものだった※ここよく意味がとれませんでした。。。
キャシーは押しの強いタイプのコーチじゃなかったし、それがよかった。実際それが僕の成長にとても役立っているよ。
キャシーは決してプログラムに対する所有欲は強くなかった。
自分にベビーシッターは必要ないとわかってよかったよ。結局レースを走っているのは自分なんだ。

<昨シーズン大変だったことは?>
シーズン終わりまでどんなにタフだったかわかっていなかったと思う。ものすごくフラストレーションがたまったよ。
小さなミス、いちいちまごついてはいられないようなどうでもいいようなミスでもそれに気付くたびに人があら探しをして完璧主義者のようになるからね。

<クアドについて>
ハンターみたいな気持だよ。昌磨と日本でツアーをしたけど、他人事みたいに4フリップを跳ぶんだ。3フリップより簡単だって聞いたよ。スケーティングややっていることのレベルにあいた口がふさがらない。
でもそこから離れた方がいい。自分に戻って出来ること、自分の持ち札について考えるんだ。2つの4Tを跳べるし、フィンランディア杯では4サルコウもやりたい。僕には僕の挑戦があるし、彼らには彼らの挑戦がある。ジャンプのレベルは彼らの方が高いけどね。


パトリック、大人になったのね。。。
25歳にもなって自分の面倒は自分で見れます、と言われてしまいました。
本当にすみません。心配しすぎてました。反省してます。
今は一人でのびのびやれてるのかな。
なんかあんまりniceとかfunとか連呼されると「強がりか!?」なんてまた過保護な気持ちになってしまいますが
(子持ちのおばさん観点)
パトリックが大丈夫っていうから信じて見守ります。

しかし。。。
キャシーとの別れについて「ノーコメント」って。
やっぱりもう触れちゃいけない何かがあるんでしょうか。ぎゃふん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる