CBCの記事

CBCの記事が出ましたので訳しました。
なんかもう忙しいので適当です、すみません。
キャシーの話がばっちり載ってます。

ただ、私は可能な限り自分で訳したいというか、原文を確認したいと思っています。
なんかもう悪意のある意訳とか誤解を招く一部抜粋にはうんざりなんですよ。。。
そういうのもたくさん転がってますからね。
幸い多少英語に関係する仕事をしてたので、読める限りは自分で読んでいこうと思います。
ちなみにチャンチェンややこしいのでネイサンチェン選手はネイサンと表記しました(笑)。


http://www.cbc.ca/sports/olympics/winter/figureskating/patrick-chan-new-coach-1.3810893


それは驚きのニュースだったし、おそらくチャンは最も不意をつかれただろう。
シーズンが始まるほんの数週間前、キャシーは辞任を表明した。8月のこのニュースは「極めて大きなショックだった」とチャンは言った。
しかしほとぼりがさめてきた今、チャンは徐々にキャシーとの四年間を振り返っている。マリーナとの未来に興奮しながら。

「キャシーと僕はとても近い関係だったけど、それは時に危険なことでもあった」
「常に僕を見ていた。ずっと会話していた。練習とプライベートの線引きをするのも困難になっていた」
「でもキャシーはスケート以上に人間として自立する方法を教えてくれたから、決して起きたことを否定しようとは思わないよ。彼女が僕を、自分自身を見出し適切に行動できるような立派な人間へと正しく導いてくれた」

マリーナは成功に不慣れなコーチではない。
彼女はかつてテッサ&スコットを五輪・ワールドタイトルへと導いた。
チャンは今ネイサンと同じグループで練習している。フィンランディア杯ではネイサンが金、チャンが銀をとった。
チャンは競技よりもマリーナとの新しい関係に緊張していたが心配する必要はなかった。
「マリーナはチャンピオンとの経験がたくさんあるから、試合状況のコントロールの仕方をわかっている。とても穏やかで、いつ僕に具体的なことを言っていつ僕に自分でやらせていつ理解させるべきかをわかっている」
「正直、これ以上いい状況はないよ」

次の大会はGPSカナダだ。ソチ後休養して、不在の間にフィギュアスケートは大きく変わり羽生選手のようなジャンパーに遅れをとっている。クアドへの集中が激しい。
チャンはネイサンとの練習が助けになると信じている。昨シーズンはネイサンがSP2クアドLP4クアドなのに対してチャンはSP1クアドLP2クアドだった。
次のカナダ大会では4サルコウを入れるつもりだ。
「前のシーズンはみんなが技術的難度を高めているのを見て最初はついていこうとしていらいらしたけど、毎日ネイサンが4クアドをとんでいるのを見てそれが当たり前になった」
「毎日見てると感覚が麻痺して腹立ちや嫉妬よりもむしろやる気になるよ」
「ネイサンが来てクアドをする、僕は4サルコウを練習している。彼が跳ぶ。僕は『ジーザス、僕はやれる』みたいな気持ちになる。彼は若くて才能があって荒々しさもある。それがうつるんだ」
双方にとってよいこともある。
一方でネイサンはチャンが得意とするコンポーネンツ、芸術面を磨くためにカントンに来ている。
「僕は技術面を磨く必要があるからギブ&テイクみたいなものかな」
「スケーティングの面で何か彼にインスピレーションを与えられたらいいと思うよ。彼は僕がクアドについて苦労したら必ず助けになってくれるはず」




9月の記事ではキャシーについて聞いたら「ノーコメント」だったんですが、
落ち着いて振り返られる気持ちになったみたいです。
しかしextremely huge shockって、相当だと思うんですが、それでもあんなににこにこしててくれたのね涙。
ISUの記事にありましたが、
現状維持の方が楽で変化は挑戦だけど、それでもそうしなきゃいけない時期にきていた、ということなんでしょう。
そんなショックの中でも毎日一人で練習を続けて、
不慣れな新体制の中シーズンインして、
「キャシーのおかげで成長できた」「いつかまた仲良くなれる日がくる」
と言えるパトリックの前向きさと芯の強さが好きです。
大変な状況の中でも、いつも通りたくさんの笑顔をくれて、私はたくさん元気をもらっていました。


ネイサン選手。
SNSでも仲良し写真アップするしインタビューでもたくさん名前が出てくるし本当に仲がいいんですね。
まったく違うタイプの選手だし年齢も違うし意外なくらいなんですけど、
こんなに仲が良い選手と練習できるってなんかいいですね。
パトリックのメンタルにとてもよく作用するんじゃないかなって思います。
きっと新しい練習環境に慣れる助けにもなってるよね。ありがたい。ありがとうございます。


正直、今シーズンもパトリックは厳しい戦いだろうなと思っています。
私はファンですしパトリックが最高だと思っているので悔しいですけど、
客観的にみれば仕方のないことです。みんなばんばん4回転跳びますからね。
ただ今シーズンは色々なことを乗り越えてパトリックが自分に出来る挑戦をしているので、
結果云々関係なくパトリックが目指すゴールに辿りつけばいいなと思っています。
それで「A Journey」。。。なんか感慨深いですよね。


ところで。
悩んでたけどCS契約してしまった。
スケーターたちの記憶・外国人選手編

ただこれのために。。。
いいんだ、すぐ解約するから。。。
だってパトリックがオペラ座の衣装着てるんだもの。パトリックがいけない。

あー楽しみ。HDD整理しなきゃ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる